分譲地のモデルハウスの場合は立地を検討してから購入

分譲地のモデルハウスの場合は立地を検討してから購入

分譲住宅を建てる時には、何といっても立地が重要です。
注文住宅の場合は1から始めることになりますので、まずは土地を購入しなければ意味がありません。
モデルハウスの場合は、その限りではありませんしキャンパスが違うと、思い通りの参加出来ないこともあるでしょう。
そんな時にお勧めなのが、どういった土地にするのかといったように土地選びです。
注文住宅の場合は、当たり前に土地選びから入ります。
しかし分譲野場合は、建物をメインで考えてしまう方尾多いかもしれません。
モデルハウスで選ぶ時には、どういった所に建設されるのか、場所についてのリサーチを入念に行うことが求められます。
住んでみないと分からない部分はありますが、日当たりはどうなのか周辺の家などを見ておくと、日の当たり方なども分かってきます。
建設されている家を選ぶという事であればイメージもし安いですし内見も出来ます。
それが出来ない場合は現地の土地だけでも見ておく事です。

モデルハウスを購入するときの周辺環境を考える

大きく分けまして、モデルハウスが建てられている場所は2つあります。
1つは、住宅展示場にあるモデルハウスで広い敷地にハウスメーカー別に家を見比べられるようにズラリと並んで建てられており、周辺環境は交通の便が良く家族連れには楽しいアトラクションのイメージを持って来場される方もいらっしゃいます。
もう1つは分譲住宅地にあるモデルハウスで、分譲地に建てられ展示期間が過ぎると土地付き住宅として販売されますので周辺環境は郊外にあることが多いです。
しかし、メリットは大きく実際の環境を知ることができますので将来設計が立てやすいことと、周りの人々の暮らしを体験できることです。
さらに日当たりや騒音・通勤方法・買い物などの利便性に加え災害などの対策まで、住んでからの必要不可欠な事柄もイメージができます。
反対にデメリットは、その立地でしか選ぶことができませんので、気に入った土地をお持ちの方は住宅展示場で選んだ物件と同じものを検討することができますので、ご自身にあった選択をすることが大切です。

著者:豊田一樹

筆者プロフィール

長野県上田市生まれ。