モデルハウスの展示期間は分譲地と住宅展示場では異なる

モデルハウスの展示期間は分譲地と住宅展示場では異なる

モデルハウスの目的として、そのような家を建てられるということを現物を持って示します。
ハウスメーカー等が建設している見本のような役割で、実際に暮らす住居と同じクオリティーで建築されています。
展示期間は分譲地と住宅展示場とで異なり、分譲地の場合には建築から1年です。
住宅展示場の方は建築から3~5年間であり、その後は販売されるケースが大半です。
展示期間中のモデルハウスには多くの人が足を運び、内装や展示品、家具に傷や汚れがついてしまうことも珍しくありません。
そのため、そのままでは気になるという人もいます。
特に住宅展示場では展示期間が長いので、その間に受ける影響は大きくなります。
さらに宿泊体験で利用されているモデルハウスでは、トイレやバスルーム等の設備にも使用感が出てしまいますし、家具や家電が使用されているために新品の状態で受け取れないことも覚えておくべきです。
これらの点は自分の目で確かめてから決めるのが安心です。

建築後のモデルハウスに住むメリットは何か

住宅を購入しようと検討している場合パンフレットや設計図で見る間取りなどでは、なんとなくしかイメージが固まらないのではないでしょうか。
そのような時に便利なものが、タイトルにあります「モデルハウス」です。
モデルハウスは写真や図面上のものでは分かりにくいデメリットを実際にその図面を使用し実物大に建てられた家を見たり、屋内を見学することができる家のことです。
間取りもそのままですのではっきりとこの家に住む体験することで、さまざまなハウスメーカーと比べて検討をしやすく特徴も体感しやすいことがメリットを表しています。
分譲地にあるモデルハウスの場合、建築後に展示期間を過ぎると売却されますのでそのまま購入しそこに住むことが可能です。
さらに家の外観だけでなく購入したい気持ちを強めるため、オシャレに豪華に仕上げられたキッチンやバスルーム・トイレなどの設備までセットでついていますのでお得感もあります。
ハウスメーカーによりますがインテリアコーディネーターが揃えた家電や家具、カーペットなども付属されますのでハイセンスな暮らしが叶うことが特徴です。

著者:豊田一樹

筆者プロフィール

長野県上田市生まれ。