見学前に知っておきたい!初心者にもわかりやすくモデルハウスの関連情報を紹介

大きなお金をかけて建物を建築する場合には、ハウスメーカーなどが主催しているモデルハウスに行ってみるのが良いかもしれません。
ハウスを見学する場合には、見学前の段階でいくつかの情報を得ておくことが必要です。
具体的には、そこでもらえる資料等を見ておいた方が良いかもしれません。
あるいは、1回訪れた時どのあたりまで話を進めることができるのかを知っておくべきでしょう。
加えて、セールスマンが押し売りのような形で無理に契約を迫ってこないかなども聞いておくと良いです。

見学前に知っておきたい!初心者にもわかりやすくモデルハウスの関連情報を紹介

住宅を建築するにあたり、参考になるケースが少なくありませんがその資料の1つとして、モデルハウスに訪問してみるのが良いかもしれません。
通常ハウスメーカーなどは、モデルハウスと呼ばれるものを所有しているケースが多くなります。
これは、日本のようなもので実際にこのハウスメーカーに依頼した時このような形の住宅が出来上がるといったものになります。
金額する際には、見学前の段階で契約の押し売りのようなことがないか確認をしておいた方が良いかもしれません。
また、そこでもらえる資料等があればどのようなものなのか聞いておくと良いでしょう。

モデルハウスには展示期間がある?住宅展示場では公開終了後は販売されることも

モデルハウスの中には展示期間が予め決まっていて、公開終了後には販売されることもあります。
一方で特にそのようなことを前提とはしておらず、相当の期間にわたって展示され続けたままとなっていることも珍しくありません。
これはその住宅メーカーの意図もありますし、モデルハウスの立地条件なども大いに関係してきます。
集客を主な目的としているモデルハウスの場合、周辺環境は交通の便など来客向けには良くても、生活に必要なインフラが必ずしも整っているとは限らず、売りに出してもあまり意味がないこともあるからです。
販売を前提としている場合には予めその旨が公表されることが普通で、その際には見学時にも靴下や手袋着用が求められるとか、たとえ手袋をしていてもむやみに何かに触れるのは御法度ということもあります。
とは言っても不特定多数の人が内部に訪れた住宅になるわけですから、売りに出される際の価格は周辺の平均的な住宅に比べて安く設定されるのが普通です。

モデルハウスを購入する最大のメリットは価格が安い点

ハウスメーカーが提供するモデルハウスは、住宅展示としての期間を終えたあと、販売されることがあります。
中古住宅となるケースがほとんどですが、このモデルハウス販売には大きなメリットがあるのです。
それは価格がぐっと抑えられるという点にあります。
見学のため多数の方が来場していることや、完成後の時間が経過していることで物件の価格は通常よりも非常に少ないものとなるのです。
マイホームを持ちたい方には、朗報と言えるでしょう。
モデルハウスの購入メリットは、安さが最大の魅力です。
ですがそれ以外にも、さまざまな恩恵を受けることが出来ます。
モデルハウスとして建てられた物件は、顧客の購入意欲をかきたてるためにお洒落な家具や調度品が備わっています。
それらを丸ごと受け取ることが出来る点は、大きな魅力と言えるでしょう。
引き渡しや入居までのスケジュールが、通常のマイホームを作り上げるときよりもスムーズに進行することも、大きいポイントです。

モデルハウスは新築ではなく中古住宅として扱われるデメリットがある

モデルハウスにはメリットがたくさんありますが、デメリットもあることを知っておくことが大切です。
誰も居住したことの無い物件でも、扱いは新築住宅ではなく中古住宅になることも把握しておくべきデメリットになります。
中古扱いになると不利になる点は売主の保証にあります。
新築であれば、10年間は基本的な部分につき売主が保証しなければいけないのが原則です。
しかし、中古はこの対象外になってしまいます。
新築物件の販売を目的に用意されているものなので新築と同様の保証が付いていると考えがちですが、扱いが違う場合があるので注意が必要です。
また、傷などの対応に差が出ることがあることも知っておかなければいけません。
新築の場合は傷が有れば補修をしてくれるのが一般的ですが、中古は原則として現状での引き渡しになります。
モデルハウスとして使用する中でついてしまった傷については、補修の対象にならないのが基本だと考えておきましょう。

モデルハウスの内装や展示品の家具など傷が生じていることもあるので購入前に確認

モデルハウスは、メーカーの住宅を見せるサンプルだけの存在ではありません。
時期が来ると新築住宅あるいは中古住宅として販売されるようになります。
お手頃価格で購入できることが魅力ですが、注意すべき点もあります。
それは内装や家具などに傷がついていたり、劣化していたりすることが珍しくないことです。
モデルハウスはさまざまな見学客が訪れますし、お泊り体験会が開催されることもあります。
そこで不注意よって床に傷が付いていたり、家具の角が欠けていたりすることがあるのです。
ハウスメーカーの人が定期的に掃除をしていますから、一見するときれいです。
それでよく確認せずに購入すると、後で後悔することになります。
購入前に傷や不具合を見つけておいて、補修について話し合ってから購入するのがいいでしょう。
後になって補修をすることになったら、その費用が上乗せされますから、モデルハウスのお得感がなくなる恐れもあります。
大きな買い物ですから、しっかり時間を取って確認してください。

著者:豊田一樹

筆者プロフィール

静岡県袋井市生まれ。地元のハウスメーカーに長年勤務。自分の経験をもとにモデルハウスについて記事をまとめました。
袋井市 モデルハウス